東亜学園高等学校

MENU

学校紹介

Introduction

沿革

大正12年 東亜商業学校(甲種実業男子5年制)として創立
昭和22年 学制改革により学校法人東亜商業高等学校と改称
東亜中学校併設
昭和26年 校名を野方学園高等学校と改称
共学制採用
中学校廃校
昭和28年 校名を東亜商業高等学校に復する
昭和37年 創立40周年記念事業(4階20室、体育館等建設)
昭和39年 「武道」を校技として採用
昭和40年 全教室にTV受像機を設置し、TVによる朝礼開始
昭和41年 蓼科集団訓練所(現キャンパスロッジ)開設
男子部・女子部の独立と共に普通科を男子部に設置
類型別コース制採用
制服を背広型に改定
「弁論」を校技として採用
昭和45年 普通科に体育コース設置
昭和48年 創立50周年記念式典挙行
昭和50年 法人名・校名を東亜学園高等学校と改称
昭和52年 小平市に総合グラウンド・合宿所建設
昭和57年 普通科に共学制採用
昭和58年 創立60周年記念式典挙行
小平校舎・第2体育館建設・テニスコート2面に拡張
蓼科キャンパスロッジ思静館完成
授業5日制・土曜日をHR活動日として文化教育推進
昭和60年 小平体育館(トレーニングルーム・ダンス教室)完成
昭和62年 沖縄県知事から平和教育に感謝状
昭和63年 創立65周年記念式典挙行
平成5年 創立70周年記念式典挙行
記念事業(校舎内外改修及び塗装等)
平成11年 蓼科キャンパスロッジ完成
平成15年 創立80周年記念事業として新校舎落成
平成16年 普通科に特進コース設置
平成27年 文理コースを総合選抜コースに名称変更