東亜学園高等学校

MENU

教育の特色

FEATURE

D-Project

D-Projectとは?

「わかったつもり」を「できる!」に変える!

「D-Project」の正式名称は“DREAMS COME TRUE PROJECTS” 。“PROJECTS”の“S”に生徒一人ひとりの夢をかなえるためという想いを込めた「自立学習支援システム」です。大切なのは能動的であること。強制されたのでは長続きするはずはありません。

  1. Concept01

    家庭学習の「学校内完結」

  2. Concept02

    「自学自習の習慣」の確立

  3. Concept03

    難関大への「現役合格力の養成」

D-Projectの特長

  • 質問コーナー
  • 質問コーナー

    現役大学生チューターが常駐

    数年前に受験を経験した一流大学の現役学生がチューター。勉強はもちろんメンタル面でも生徒の良き相談相手です。

  • 受付・面談室・情報センター
  • 受付・面談室・情報センター

    生徒の個別対応が可能な相談環境

    毎日の学習計画の作成から学習方法、入試対策まで専任運営サポーターが丁寧に生徒と向き合います。

  • 自習エリア
  • 自習エリア

    全席独立した専用自習ブース

    独立した専用自習ブースが137席。周りを気にせず集中できる環境で、目標を持った生徒が成績アップを目指します。

  • 個別指導コーナー
  • 個別指導コーナー

    充実の完全マンツーマン指導

    日々の学習から定期テスト、入試対策まで、完全個室で、生徒1人に先生1人。充実のマンツーマン指導を実施。

充実したサポート体制

学校の授業と自立学習の連動

  • 月間入退室記録
  • 授業の予習・復習のフォロー・質問対応
  • 宿題・課題のフォロー・質問対応
  • 自学自習用演習プリント(18万ページ100万題)
  • 個人別定期テスト対策
  • 個人別大学受験対策
  • 個人別時間割[学習計画]の作成とチェック
  • 学習成果管理[到達度チェック]
  • 定期生徒面談

具体的な学習の流れ

  1. Point 01

    受付でその日の学習内容を確認

    日々の入退室を記録、その日の学習内容を確認します。専任のサポーターが生徒ごとに必要な学習内容をアドバイス、最適な演習プリントを配布します。

  2. Point 02

    専用自習ブースで自習開始

    独立自習ブースなので、周りを気にしたりおしゃべりしたりすることなく勉強に集中できます。がんばっている仲間を身近に感じられてやる気もアップ。

  3. Point 03

    わからないときは質問コーナーへ

    自習中にわからないことがあったら、一流大生チューターにいつでも気軽に質問できます。ホワイトボード付き個室で、マンツーマン指導も受けられます。

  4. Point 04

    今日の復習も明日の授業の予習も

    復習はその日のうちに。しっかり内容が理解できたら明日の授業の予習に取り組みます。繰り返し学習することで実力が定着します。

  5. Point 05

    先生がいるときには個別に相談も

    勉強はもちろん定期試験や入試の学習計画や学習方法など、生徒一人ひとりの話を丁寧に聞いて、適切なアドバイスをしてくれます。

05学生インタビュー

福原 玲央

杉並区立井草中学校出身

3年 福原 玲央(理系特進コース)

勉強も学習計画も悩みも。
相談できる人がいつも身近にいてくれる

勉強に集中できる最高の学習環境だから、放課後はほぼ毎日利用しています。年齢が近い大学生のチューターさんが話してくれる大学の具体的な様子は、進路を考えるときの参考になります。

大塚 愛子

映画研究部所属

港区立御成門中学校出身

3年 大塚 愛子(文系特進コース)

レベル別の問題集を活用。
つまずいたら基礎に戻ってやり直す

レベル別の問題集が置いてあるので、つまずいたときは基礎から復習ができて、気づいたら成績も上がっていました。入試前の先輩方の緊張感、真剣に勉強する姿を身近で感じられたことで1年後の自分を想像できました。

D-project NETへのログインはこちら